家の塗装を新しく♪

トピックス

機能性で選ぶ

多色な家々

外壁塗装を三重で行なう時はしっかりと塗料も選んでおきたいです。例えばフッ素系の塗料であれば防水や耐汚染などに大きな効果を発揮します。価格は高くなるため見積もりも大事になります。

シミュレーターの活用

カラフルな家の形の積み木

シミュレーターを活用することで外壁塗装を擬似的に再現することが出来ます。参考程度ですが実際に行なうのとそうでないのとではイメージが大きく異なってくるため一度利用してみましょう。

人気の記事

相場をチェック

家をペンキで描くカップル

三重で外壁塗装を行なう時はまずは専門サイトを活用してみましょう。専門サイトでは外壁塗装の知識をみにつけられる他、最適な業者を提案することも可能です。また無料で相談することも可能です。

足場材の費用

壁を塗装する女性

外壁塗装は足場あってこそ可能な作業です。足場は工事費用の2割を占めるとも言われており、自社で保有しているとコレを抑えることが出来ます。また高品質な足場であるほうが安全に作業が可能です。

中間マージンの存在

緑色のペンキで壁を塗る

外壁塗装を三重で行なう時は一貫して施工することが出来る塗装業者を利用してみましょう。最適な価格でしっかりと施工することが期待できるうえ、安心して依頼することが出来ます。

塗料で変わる汚れ

あなたの予算に合わせた施工を行ってくれる三重の外壁塗装業者をお探しの方はこちらがオススメですよ。

三重で外壁塗装をこれから行おうと計画している方は新たな塗料について知ってくといいでしょう。外壁塗装と聞くと歴史が古いとイメージする方も多いでしょうが、実はそれほど古くなく一般的に普及したのは戦後と言われています。それまでは日本の家屋は土で作られており、塗装をする必要はありませんでしたし、そういった技術も発展しませんでした。しかしながら戦後大規模住宅建設ラッシュが始まったのと同時に西洋の外壁塗装技術が伝わり、住宅の劣化を守るという目的と、住宅を識別するという両方の側面を以って行われるようになりました。戦後から70年が過ぎ、現代では外壁塗装も様々な進化を遂げています。コレまで劣化を防ぐという目的から、劣化を防ぎながらも付加価値を付けた新たな塗料が登場してきています。

光触媒の塗料はその代表的なものの1つでしょう。光触媒と聞いて直ぐにイメージ出来る方は少ないでしょうが、この光触媒は非常にユニークな働きを行います。光触媒の塗料は基本的に見た目は通常の塗料と違いはありません。しかしながら光に作用され汚れを浮かしてしまうという効果を発揮します。光であれば基本的に機能し、太陽光などを浴びることで汚れを浮かし、雨風などで洗い落とすことが出来ます。この機能の事をセルフクリーニングと言い、外壁をまるごと光触媒で塗装するとポプラの木の15本分の空気清浄と同様の効果を発揮すると言われています。つまり汚れを浮かす以外にも空気の汚れを綺麗にする効果も確認されています。耐久年数も一般的な塗料よりも長く、平均して20年程度は持つとされています。価格こそ高いですが、まるで自然の中に居る様な環境にしてくれるため近年注目を集めています。三重の外壁塗装業者でもこの光触媒塗料を扱っている業者は存在します。自然あふれる三重ですが、光触媒によって汚れとは無縁の生活を送ることも出来るかもしれません。